神奈川県内にある経年劣化したマンションで大規模修繕工事をしました

神奈川のマンションで大規模修繕工事が必要に

神奈川のマンションで大規模修繕工事が必要に定期的なメンテナンスで修繕費用は修繕積立金で賄えた日頃から建物の劣化について住人達と共有し対処するのが大事

私は神奈川県内にあるマンションに住んでいますが、築年数が10年を超えて様々な箇所で経年劣化が目立つようになりました。
例えば外壁の塗装が剥げており、新築時と比較して美観がかなり損なわれています。
給水管や排水管に亀裂が入ったり詰まって水が漏れたこともありました。
柵や手すりにも錆が見られます。
まだ私のマンションでは雨漏りが発生してはいませんでしたが、築10年を超えていたので早めに対処する必要がありました。
マンションは経年劣化によって様々な箇所に問題が発生します。
日頃からメンテナンスを行っていれば、劣化が急速に進行することはありません。
例えば給水管や排水管の高圧洗浄は私のマンションでも5年ごとに行われていました。

定期的なメンテナンスを行うことで劣化を遅らせれば、大規模修繕工事を行う際の費用も抑えることができます。
私の住んでいるマンションは30戸ほどと小規模です。
一般的にマンションの大規模修繕には1戸あたり100万円ほどの費用が必要になるとされています。
私のマンションの場合は30戸ほどなので約3000万円の費用が必要になります。
この金額は1回目の大規模修繕工事に必要な費用です。
2回目以降だとさらに高額な費用が必要になる可能性があります。
私のマンションでは新築当初から修繕積立金を徴収していたので、1回目の大規模修繕工事に必要な費用を賄うことができました。