ペーパーアイテムの招待状について

結婚式のペーパーアイテムを準備しようと思った時にまず始めにゲストの方に送る招待状から始まります。

招待状を送るのは2ヶ月前になるので準備をするのは早めにしなくてはいけません。

だいたいの目安として4ヶ月前くらいから招待する方の住所録を作成したり、全て手作りをするかオーダーするかを決めます。

そして3ヶ月前くらいから文面や差出人を決めます。

そして下刷りをしたりしてから間違いがないかをしっかり確認し大丈夫であれば印刷します。

そして手作りでなくオーダーしている場合は印刷をしてもらい完成品を受け取ります。

そして2ヶ月くらい前には宛名を書いたり、切手を貼ったりします。

切手は結婚式用の物を使います。

そして封筒に全てを入れて封をし日の良い日に投函します。

結婚式のペーパーアイテムの中の招待状を作るだけでもこのようなスケジュールを立て作っていくとスムーズに作っていくことが出来ます。

計画的に作成していくと手作りでもしっかりうまく準備を進めることが出来るかと思います。

結婚式のペーパーアイテムの中には招待状も含まれているのですが、招待状といってもさまざまな物を用意する必要があります。

招待状の本体や封筒、封筒を最後にとじるシールや慶事用の切手や返信用のはがきなどが必要になってきます。

そして乾杯の挨拶などを頼まれる方は中にメッセージを添えておくと良いかと思います。

招待状に必ず入れておかなくてはいけない内容があります。

始めに事項の挨拶、結婚披露宴の日にちや時間や場所の案内、結婚する二人の名前、差出人の名前、出欠の返信の締切の日や会場の地図を必ず入れておきます。

招待されたゲストが分からないことがないようにさまざまな案内を書いておきましょう。

そして中にはアレルギーがある方にはどのような物が食べられないか返信はがきに書いてもらうよう案内を書いたりすると良いかと思います。

結婚式のペーパーアイテムである招待状だけでもゲストの方の事を考え作ると良いですね。

そうすることにより結婚式に参加する前から良い印象がつき参加することも楽しみにしてくれるのではないでしょうか。